流れる雲と夏の海 #04


「うわあああああっ!!」

思わず、叫び声をあげて目が覚める。べっとりと脂汗をかいていた。飛び起きたわりには、意識の焦点がハッキリしない。ただ、歯の根も合わないほどガチガチと身体が震えている……。

時計は午前2時過ぎを指しているのが、ちらっと目に入る……だけど、わたしの頭の中は、その意味が理解できないほど混乱していた。

「マナちゃんっ!!」

すぐにリツコさんがパジャマ姿のまま血相を変えて部屋に飛び込んできた。

わたしは怯えて反射的に身を隠そうとする──身体に染みついた条件反射……。

「……マナちゃん…………」

全てを察したのか優しい声音で、もう一度わたしの名前を口にする。

わたしの心がその声に反応して少しだけ警戒を解く──。

ふわり、とリツコさんが、わたしを優しく抱きしめてくれる。

そして、いつものように、わたしの頭を撫でながら、ココロに染み入るように囁く。

「もう、大丈夫……大丈夫よ……」

ゆっくりとわたしの強張った身体から力が抜けてゆく。やっと気が緩むとボロボロと涙が零れだし、わたしの口から意味をなさない嗚咽が洩れる。

「あぁ……あう……ううううっ……ううううっ」

だめだ、やっぱり止められないよ……だめ……。堰を切ったように…………溢れ出した。

わたしは、リツコさんの腕の中で赤ちゃんのように泣きじゃくった。

……………………。

それは、いつも見る悪夢だった。

戦自にいた時のアレ。……いや、確かに潜入作戦や破壊工作で恐い思いはしたことあるけどアレは、そんなもんじゃない……。

白神特殊生存訓練──通称、白特サバイバル──の記憶だ。

所持品は一切なし、期間は乾期の1ヶ月、単独行動が厳守、場所はかつて世界遺産にも指定されていた六千年以上前からある巨大な未開の森林地帯。目的は教官の追跡グループに発見されないで逃げおおせること。

生存確率は30%。実際、わたしの時も、半分以上は帰ってこなかった。今から考えると、たぶん、アレだけ恐い思いをすれば通常の作戦行動に不安なんぞ感じる筈もない。それが教官達の狙いだったかも知れない。

とてつもなく深い森林には、セカンドインパクトで気候が変動し肉食獣もいた。

やつらの気配や足音に怯え、風下に音を立てないように逃げ、樹齢何千年っていう木の枝によじ登って息を殺す。鼻先のものさえ見えない濃密な暗闇の中で、やつらの息づかいだけが聞こえる。冷たい汗がどっと噴き出す。

だけど、その汗の滴や臭いで、やつらに気付かれないか焦る。祈るような気持ちで木にしがみつき一睡もすることなく夜が明ける。

乾期だから、そこらじゅうに水があるわけじゃない。水を一口飲むのだって命がけだった。水場は、肉食獣の狩り場だからだ。

そして、追跡グループに見つかっても、死を意味している(もともと、わたしたちは戸籍も出生証明もなかったんだから、あそこで死んでも誰も証明できない)泉に毒を混ぜられたり、ブービートラップを仕掛けられたり……全てを疑ってかからなければ、命がない。

通常の作戦行動と違って、ある意味で周りは全て自分の生存を脅かす。一瞬の油断が簡単に命を奪ってゆく。常に怯え緊張し警戒し続ける……それが生き残るたった1つの方法。

──気が狂うかと、思った……。

流れる雲と夏の海

── 第4話 ──

……ひとしきり泣いて……リツコさんから身体を離すと、わたしは呟くように俯いて謝った。

「ごめんなさい……あの夢……もう見ないと思ってたのに……」 「謝らなくてもいいって言ってるでしょ。私が本当にできるのは、傍にいることぐらい──本当にこのくらいの事だけなんだから」

でも……わたしは、その「これくらいの事」に、どれだけ救われた事か……。

だからこそ、普段ただでさえ睡眠時間の少ないリツコさんに迷惑をかけるのは辛いんだ。わたしは鼻をすすると、もう一度リツコさんの胸に顔を埋めて言った。

「……リツコさん、ホントにありがとう……わたし……」 「それに、マナちゃんと暮らし始めて……感謝していることが一杯あるのよ。私……今までどこかで世間を妬んでいた、恨んでもいたわ。家族の絆とか、ささやかな幸せとか……そう言うの、ひねくれて綺麗事だって思ってたのよ。でもね……貴方と暮らし始めて、なんて小っちゃい事に煩わされてたんだろう、って」

わたしはリツコさんの顔を見上げた。わたしを慈しむような目で見ている。

リツコさんは、わたしの髪を撫でながら言葉を続ける。

「……最初、貴方を引き取ったとき、償いの気持ちで……あなたを癒してあげたいとか、支えになりたいとか、思っていたけど……わたしは思い違いをしていたのね」

リツコさんは一息つくと、ちょっと……はにかんだような、照れくさそうな微笑みを浮かべて──

「全然、違っていた……貴方といることが、私の支えになっているし……貴方にわたしはどれだけ癒されているか……だから、マナちゃんにとっても感謝してるのよ。──ふふふ、私がこんな事を言うの、ちょっと柄じゃないわね」 「リツコさん…………」

(夜中なんだから当たり前なんだけど)お化粧してないリツコさんの顔はとっても柔らかい表情で──。わたし……胸の中が暖かくって……嬉しくて……。

「そうそう、マナちゃんは、笑顔の方がずっと似合うわよ。あーあ、顔……ぐしゃぐしゃじゃない」 「うん……」

そういうと、ティッシュを取って、顔を拭ってくれる。──お母さんって、こんな感じ……なのかな──あ、いやいや、年齢から言ってソレ失礼だよねえ。

「汗びっしょりだし……シャワー浴びて、着替えた方がいいわね」

う、確かにそうだ。わたしは預けていた身体を起こす。何気なくリツコさんの胸元を見る──

「…………あ……」 「? ……あら」

うわ、わたしの涙とか汗とか鼻水とかで、リツコさんのパジャマがべちょべちょになって……ううう。わたしが決まり悪そうに縮こまってると、リツコさんがいたずらっぽく笑って言った。

「……一緒にお風呂、入っちゃおうか。昨日の残り湯、まだ温かいでしょ」

★ ★ ★

うちの洗面所は、ちょっと変わってる。洗面台と向かい合わせに、大きな姿見が壁にかかってる。うーん、多分、80センチ×170センチくらいはあるんじゃないかな。リツコさん曰く、メイクして服のコーディネイトするのに後ろ姿も確認できて便利なんだって。

で、そのジャンボミラーに、わたしとリツコさんが映ってる。リツコさんは170センチくらいあって、モデルばりのプロポーションだ。ううう……わたしって……ちっちゃいなあ……。

「じゃ、早く脱いで。洗濯は……明日で、いいわね」

リツコさんは、給湯器のスイッチを入れると、さっさと下着姿になって──うー、ホント、外国のファッション雑誌のモデルさんみたいだ──髪の毛を束ね直しながら言った。

わたしも、さっと服を脱ぐと──ちょっと、プロポーションについて、いたたまれなくなったのも事実だ──先にバスルームに入る。

シャワーで身体を流すと、ぬる目のお湯に浸かる。まだ、熱帯夜の暑さが空気に残ってて、このくらいのお湯に半分浸かってるくらいが一番、気持ちいい。

「ふう──」

天井を見上げて──最上階の角部屋だから天窓が付いてるんだよ、えへへ──何も考えずに雲間から星が瞬くのを眺める。緩いスロープになってる浴槽の縁に身体を預ける。もともと、寝転がって入るような浅めの浴槽なんだ。

しばらく、ぼーっとしてると、ようやく気持ちが鎮まってきた……。

かしゃん、ってドアが開く音がして、リツコさんが入ってくる。わたしは身体を起こすと、リツコさんを見上げた。リツコさんが、ふっ……って優しそうに微笑む。……ぼけっとしてたから、わたし……間が抜けた顔してたのかも知れない。

「私、先に身体を洗っちゃうから、ゆっくり浸かってなさい」 「……はぁーい」

リツコさんは、わたしの返事に、にこっ、て微笑むと、バスチェアに腰掛けて身体を洗い始めた。そんなリツコさんの後ろ姿を、わたしは縁の上で両腕を組むとそこに顎をのせて、その様子を眺めていた。

そうそう、言ってなかったケド……リツコさん、髪の毛の色、染めるのやめちゃったんだよね。パーマもしてないから、とっても綺麗な栗色のストレートヘアなんだ。わたしは、こっちの方が好きだなあ。──もっとも、第3東京に戻ってきたときには、一瞬、誰だかわかんなかったけどね、へへへ……。

──自分の母親にそっくりで、昔はイヤでイヤで仕方なかったから染めてたんだけれど……今は、それもいいかなって──とか、言ってた。セミロングくらいに伸びた髪の毛を束ねた白いうなじから背中……女の子のわたしが見てもタメ息がでちゃう程、キレイ……。

それに……リツコさんて……結構、大きいんだよう……あの、その……胸が、ね。……うん、まさに着痩せするって、やつ。アンダーバストからウエストにかけて、ビックリするくらい細いからバストサイズは普通だって言ってたけど、カップはおっきいんだよ。カップだけだったら、ミサトさんと変わんないかもしんない。

ちょっと、自分の胸を見下ろしてみる──ううう、悲しくなってきたよ。

「…………? どうしたの」

ボディーソープを洗い流しながら、リツコさんが訊いてきた。

「……リツコさん……おっぱい、おっきいなあって」 「ええっ? な、何を見てるのかと思えば、もおっ……バカなこと、考えてないで、こっち来なさい。洗ってあげるから」 「はぁい」

わたしがお湯からあがって、バスチェアに座るとリツコさんは膝立ちで、わたしの背中をシャワーで流し始める。

「……ま、どんどん、背も伸びてるし、そんなに心配することじゃないわ」 「えー、背だって、クラスの女子で前から3番目だもん。シンジ君やアスカは、もっと伸びてるし」

目の前の鏡の中のリツコさんは、事も無げに言うけど……結構、背のことは気にしてるんだよお。

そうなんだよ。確かに、この1年で5センチくらいは伸びたけど……シンジ君は、175センチくらいあるし、アスカだって165センチ超えたって言ってた。バストだって──くぅうううっ。

スポンジを泡立てると、わたしの背中をこすりながら、リツコさんはポロッと言った。

「そぉねぇ……胸も背丈も、確かに個人差のあることだから断言できないけど……」 「うぅ……このまんまだったら、どおしよ……うわあん、いやだあっ」

リツコさん──気休めとか言わないところは大好きだけど……もうちょっと希望の持てる言葉が欲しかった……。

別に重たい話をするつもりはないんだけど──わたしの本当の両親についての記録は戦自にも全く残ってなかった。リツコさんや加持さんが、八方手は尽くしてくれたんだけど、記録が抹消されているどころか、そもそも記録されてなくて、関係者は全員処分されてしまった後では、どうしようもなかったんだ。

それはともかく……そんな訳で、もちろん親の体型も知らない……ふつうは目安として親の体型ってのがあって、ある程度は諦めたり希望が持てたりするんだろうけど…………だから、自分の先行きって言うのも全く予想がつかないんだよう。

「ふふふ……そのセリフ、懐かしいわ。私がマナちゃんくらいの年の時も、同じ様な事を考えていたなぁ」 「……へ? うそお……リツコさん、こんなにキレイなのに?」

思わず、振り返って──ニッコリ笑っているリツコさんと目が合う。

「あら、ありがと。……でもね、昔はチビで痩せっぽちでソバカスがひどくて、もお、そりゃあ悲観してわよ。母さんは、あんなに美人なのに、なんで?──って。今のマナちゃんの方が、よっぽど女っぽいわ」 「ええーっ? ホントにぃ?」 「うん、高校に入ってからかな……急に背が伸び始めて、胸が重くなってきて──はい、背中おしまい」

じゃばー、って背中にお湯をかけられる。ふーっ、あったかくて気持ちいーい。

「じゃ、こっち向いて。脚、出して」

わたしはリツコさんの方へくるりと身体をむける。

「はい──それで?」

わたしは、右脚をのばしてリツコさんに出す。リツコさんは脚を斜めに崩して床に座ると太腿にわたしの踵をのせて、洗い始める。う、ちょっと、くすぐったい……。

「うーん、胸の方は……二十歳はたち過ぎまで大きくなったかな。──よいしょ──マナちゃんも大丈夫よ」

また、膝立ちになって、わたしの太腿を、ぶくぶくと擦りながらリツコさんは言う。

「えー、根拠ないよぉ」

わたしが反論すると、リツコさんは、いたずらっぽく笑って──

「私の見立てでは──この形と張りなら、結構、大きくなるわよ♪」

と、わたしのこぢんまりとした胸を、つん、って……突っついた。

「きゃあっ」

わたしが驚いて、真っ赤になって俯いてると、リツコさんは片手を床について、わたしの顔を覗き込み艶やかに笑って言った。

「大丈夫よ、マナちゃん……貴方は今でも十分可愛いし……これから、もっと、もっと綺麗になるわ」

……なんか、気恥ずかしくて……もじもじしてる内にリツコさんに丸洗いされちゃった。

★ ★ ★

二人して湯船に浸かる。リツコさんは頭にタオルを巻いてくつろいでいる──うん、やっぱりモデルさんみたいだよねえ。絵になるっていうか……何か……こう、格好いいんだ。

「……マナちゃん、私に寄っかかってもいいわよ。もう、寒くなってきたでしょ。ほら、こうするから」

リツコさんが愛用のお風呂枕をお風呂の縁に置き、頭を乗せると緩いスロープに横たわった。結構、時間が経っていて、だいぶ外は涼しくなってきてる。このまま半身浴ってのも、ちょっと寒いかも……。

「ええー?ちょっと……恥ずかしいなあ……」 「照れる間柄でもないでしょ」

わたしは、おずおずとリツコさんの太腿にお尻をのせると、ゆっくり、寄りかかった。肩にリツコさんの胸の柔らかい感触──むにゅ、っていうやつ──が伝わる。やっぱり、背丈が違うのか、丁度リツコさんの胸元に、わたしの後頭部が当たってる。

リツコさんの身体は、とっても柔らかくって、すべすべしてて──

「うふふ♪ なんか、気持ちいいなあ」 「──そぅお? 寒くない? 大丈夫?」

リツコさんが、微笑みながらも、ちょっと心配そうにわたしの顔を覗き込む。ふと、感傷的になって──ああ、この人が本当のお母さんだったら、良かったのに──思わず零れた想いをわたしはうち消した。リツコさんは、本当に母親以上にわたしのことを思ってくれている。血の繋がりなんて、関係ないよ。

「わたしは、大丈夫なんだけど……リツコさん、重くない?」 「全然。水の中は浮力が働くし──それに、マナちゃん、軽いし。40キロもないでしょ」

そりゃあ、わたしの背丈で、45キロ以上あったら誰でも真剣にダイエットを試みると思うけど。

そんなんで、二人してぼーっとお湯に浸かってると──

「──ふぁああーっ……」

……なんか、あったかくって、ふわふわ、ふにふにした感じで、思わず眠気に襲われてアクビがでちゃった。

「あら、眠くなってきちゃった?」 「えへ♪ あんまり気持ちよくって……つい」

わたしは、リツコさんを見上げると照れ笑いを浮かべた。リツコさんは、何か思いついたような表情を浮かべると、にっこりと優しく笑いながら言った。

「……このまま、朝まで一緒に寝ちゃお」

え……? そ、そりゃ、確かにこのお風呂は、そういった機能があるって言うのは、わたしも知ってるけど──確かにリツコさんがお風呂で仮眠することもあるし……。うーん、確かに眠いし……楽しそう……ま、いいっかあ。

「えへへ♪ たまにはいいかも……」 「……でしょ」

リツコさんは、脇の壁にはめ込まれているコントロールパネルに手を伸ばすと、ぴっ、ぴっ、ぴっ、とモードを変更して眠ってもいい設定に切り替える。

「じゃ、アラームは7時にしておくわね」

最後にリツコさんの指がパネルを操作すると、浴室の照明が落ちて窓際の間接照明だけになる。あまりのムードの良さにわたしはタメ息をつくとリツコさんにもたれかかって言った。

「わあ……星がきれい……」 「うふふ……こういうのもいいわねえ」

そう言うと、リツコさんは、わたしの身体の前で腕を絡める。こうして後ろから抱きかかえられて、お湯に浮いてると……本当にあったかくって……安心する……。

なんかリツコさんって、とってもいい匂いがする……そんなリツコさんの柔らかい身体に抱きしめられて……いつの間にか、わたしは安心しきって深い眠りに落ちていった。こんなに、安らかに熟睡できたのは……もしかしたら生まれて初めてかもしれない。

★ ★ ★

……それでも、明け方ごろ夢をみた。別に恐い夢じゃない。

わたしは赤ん坊で、柔らかい肌着と布にくるまれて誰か女の人に抱っこされている。

周りの景色は眩しくって、白く飛んでてよく見えない。女の人の顔は、逆光でよく見えないけど、とても優しそうに微笑みかけてくれてるのだけは、わかる。

ふわあっと、この人からも、リツコさんと同じいい匂いがして、わたしは嬉しくなる。すごく嬉しかったから、何か言ってみようとしたけど、だぁだぁ、って声しか口から出ない。でも、この人には、それでわたしが嬉しいのが、わかるらしくって、にっこり微笑むとわたしの頭を撫でてくれる。

気持ちが伝わったのが、もっと嬉しくって、思わず口から、キャッ、キャッて声が出る。

それから、この人の指を掴んでみたり、首を振ってみたりして、遊んだ。本当に無条件で、気持ちが伝わってるのがわかる。それが、嬉しくて嬉しくて仕方ない。天にも昇るほど幸せな気分だった。